2019年6月17日月曜日

Sonyから200mm〜600mm望遠レンズが発表される!!〜#α7Ⅲ #α6400 で使えるかな?

Sonyから200mm〜600mm望遠レンズが発表されましたね!!
野鳥や飛行機の撮影が好きなものとしては非常に注目のレンズです。
 これまでのSonyは400mmまでの望遠レンズしかありませんでしたが、テレ端が伸びましたね。
仕様表を見るとテレコンも使えるようなので、×2のテレコンを使えば1200mmになるということですね!!
またAPS-Cに装着すれば1800mmになるということでしょうか。
 ただ、テレコンを使うとF値が暗くなるのでAFが聞くのかは気になるところです。
このレンズ、基本はα9での使用が想定されているとは思いますがα7Ⅲ、α6400でどの程度使えそうか調べてみたいと思います。

2019年6月14日金曜日

#おしどりの雛ちゃん登場

毎年6月になると近くの公園におしどりの親子が登場してくれます。
 今年は一家族十数羽が2家族同時に登場したので、両家族が入り乱れて大変なことになってます。
無事元気に育ってほしいものです。

2019年6月12日水曜日

#六花亭 6月のおやつ屋さん〜プリンとブリュレの食べ比べ

 六花亭 6月のおやつ屋さんは、「プリンとブリュレの食べ比べ」でした。 
 チョコ・カスタード・コーヒーの三種類の味でそれぞれプリンとブリュレの食べ比べることができます。
 下の写真の左がブリュレ、右がプリンです。
 個人的には、カスタードのブリュレが一番スキです。
 来月のおやつ屋さんが何か今から楽しみです。






2019年6月11日火曜日

#HUAWEI MediaPad M5 Proは、有線でもネット接続できたよ!!

前回ご紹介したHUAWEI MediaPad M5 Proは、拡張端子はUSB-Type-Cです。
もしやと思い、普段Chromebookの有線接続に使っているAmazonBasicのイーサーネット・アダプターをつなげてみたら、あっさりとネットにつながってくれました。

イメージは下の写真のとおりです。
タブレットはWi-Fiでネット接続との固定観念がありましたが、これは嬉しい誤算です。
夜など混雑する時間帯は有線で確実にネットに接続できるので、なかなか重宝しそうです。
ちなみに、AmzonBasicのパッケージは下の写真のように非常にシンプルです。
お値段も財布に優しいですが、基本性能はしっかりしているのがAmzonBasicのよいところですね。

2019年6月10日月曜日

#HUAWEI MediaPad M5 Pro は、iPad Proより便利かも!!

何かとIT業界で話題のHUAWEIのフラッグ・シップ・タブレット #MediaPad M5 Pro が安くなっていたので購入してみました。
 というのも最近、「タブレット+手書き」機能に興味があり、先日、Chromebook Tab 10 というある意味尖った端末も入手したので、Androidの手書きと比較するという意味合いもありました。
 まだiPad Pro+Apple Pencilはお店で体験したレベルですが、メモをとるレベルではHUAWEI MediaPad M5 ProはiPad Pro+Apple Pencilと遜色ないレベルと思います。
多分、プロレベルでのお絵かきとなるとiPad Pro+Apple Pencilに軍配があがると思いますが、私のようにPDFにメモ書きするレベルであれば全く問題ありません。
また付属している手書き入力したものをテキストに変換するソフトも優秀で、キーボード入力が苦手な方には非常に便利にお使いいだだけるレベルのものと思います。
更に付属のペンを画面につけただけで、自動的に「手書き→テキスト化」のソフトが立ち上がるので、ITが苦手な方でもすぐに使いこなせると思います。
 またOffice互換ソフトもプレインストールされており、HUAWEI独自でデスクトップ・モードというものを搭載されているので、外出先でのちょっとした書類作成とかにも十分使えます。
iOSと違いAndroid OSなので、マウスを接続するとポインターも使えるので、Bluetoothキーボードと組み合わせて使えば、ほぼPC状態で使うことも可能です。
タブレットとPCの両方の使い方が、それなりにできるという意味では、方向性は少々違いますが、Chromebook Tab 10 と似ていいる部分があります。
Chromebook Tab 10 よりも明らかな利点としては、ディスプレイが圧倒的に綺麗なのと、ピュアAndoroidなのでChromeOSと違いフルでAndoroidアプリが使えることです。
またiPad Proと同様に4スピーカーを搭載しており、米ハーマン社の音響チューニングがされているので、映画を視聴する場合の音も悪くありませんでした。同じHUAWEIのWindowsPCであるMatebookよりは明らかに音質は良かったです。
ちなみに、MatebookでもHUAWEI MediaPad M5 Pro付属のペンは使うことができました。
HUAWEI であることが気にならなければ、価格もこなれてきたので、検討に値するタブレットではないかと思います。

2019年5月30日木曜日

Acer Chromebook Tab 10 を購入してみた!!

 手書きができる端末を検討した結果、Acer Chromebook Tab 10 を購入してみました。
理由は単純で物珍しいからです。
画面解像度は実はiPadと同様な高精細で、口コミでもディスプレイの評判はよいので、ビューワーとしての性能は高いと思われます。
 テキスト入力については、Google日本語入力が使えるので、iPadよりも性能がよいと思われます。
 ソフトウェア・キーボードも縦持ちにした場合は、それなりに画面の面積が確保されるのでGoogleドキュメントでの日本語入力には不便がないと思います。
 またGoogle手書き入力は読み取り精度が高いのでペン入力で文章作成も面白そうです。
ChromeOSのタブレット自体が現段階ではキワモノですので、色々遊んでみたいと思います。

2019年5月27日月曜日

手書きに最適なタブレットはどれかについて考えてみた!!

最近、デジタル・ペンでメモすることに非常に興味が湧いてます。
そこで、どのOSが良いか等について考えてみました。
王道はiPad Pro+Applepencilでしょう。
しかし、絵を書きたいわけではなく、あくまでメモがベースなので、この組み合わせは、値段を始めオーバー・スペックです。
次に思いつくのが、Surfaceシリーズです。
確かにOneNoteはMS純正の素晴らしい総合メモソフトですが、Windows自体が、元々手書きを前提としていなかったOSのため、まだ今ひとつ動きがスマートでない部分があります。
そんな中、ASUSからChromebookのタブレットが国内発売されました。
ChromeOSは、かなりAndroidアプリが普通に使えるようになってきたので非常に面白いと思います。
そして、iPad/Surfaceと違って、ペンが本体に内蔵されるので紛失する確率が低いのも非常に魅力的です。
PCベースのOSとタブレットベースのOSが一つの端末の中で使えてしまうのは何かと便利です。
更にChromebookは教育市場をターゲットとしているので、お値段も財布に優しいです。
ASUS CT100PAはちょっと注目してみようと思います。