2019年11月21日木曜日

#どんなときでもWi-Fi のクラウドSimとは!?

 前回ギガトラWi-Fiをご紹介しましたが、今回はクラウドSimを活用したWi-Fiサービスを展開する「#どんなときでもWi-Fi 」のご紹介です。
 クラウドSimとは、物理Simではなく端末内の仮想のSimにより通信するもののようです。
 そのため、複数キャリアで通信が可能となるようです。
また海外キャリアでも通信ができるので、海外旅行には重宝しそうです。
個人的には容量無制限というのもきになります。
実際にはあまりに使いすぎると通信制限がかかるようですが、実際にどの程度までギガを消費できるかしりたいですね。
今までのSimの概念とは違うので、一度体験してみたいですね。 

2019年11月20日水曜日

#ギガトラWi-Fi を契約してみた!!

今までFuji Wi-Fiで契約していたWIMAXが契約期間満了となったので、新たにギガトラWi-Fiに乗り換えてみました。
回線としては、実質的にソフトバンクですので、速度・品質に問題はありません。 
最近は、ギガトラWi-Fiの他にもソフトバンク回線を利用したレンタルWi-Fiのサービスが充実してますね。
丹念にネットを探すとレンタルWi-Fiに関するキャンペーン・クーポンが落ちているので、それを探すとお得に契約できると思います。

2019年11月19日火曜日

#XZ-500 を購入したので、Sonyのハイレゾ配信サイト #mora qualitas に登録してみた!!

 ストリーミングWalkman #XZ-500 を購入したので、Sonyのハイレゾ配信サイト #mora qualitas に登録してみました。
 ちなみに、今、#mora qualitas に登録すると、応募者全員にオリジナル・イヤホン・ポーチをもらうことができます。
Hi-Res対応のWalkmanは複数所有していますが、正直、サンプル曲以外はハイレゾで効いたことがありませんでした。
やはりハイレゾは音の絶対量が凄いので、一瞬で音質の違いを体感することができます。
 よく言われることですが、音の一粒一粒が聞こえてくるという感じで、音のクリア感が圧縮音源とは根本的に違いました。
 特にボーカルとクラッシックではハイレゾと圧縮音源の違いを明確に感じることができます。
 今なら11/24までは先行無料体験期間なので、ストリーミングWalkmanを持ってる方は是非体験してみてください。
現状ではMac/Windowsしか対応していないようなので、早くストリーミングWalkmanで使えるようにAndroidアプリを出してほしいものです。

2019年11月11日月曜日

#NW-ZX500 ストリーミングWalkmanが凄すぎる!!

 
 先週末、New Walkman #NW-ZX500 を購入しました。
先代のZX-300との最大の違いは、独自OSからAndroid9.0に変更し、Spotifyなど各種ストリーミング系の音楽サイトがWalkmanの高音質で楽しめるようになったことです。
すでにAmazon music では、ハイレゾ音源のストリーミング配信がスタートしており、Sonyも来年から配信を開始する予定なので、それを睨んだのがストリーミングWalkmanと銘打ったNwe Walkmanです。
 試しにSpotifyとYoutube Musicを#NW-ZX500 でバランス接続で視聴してみました。
#NW-ZX500 は、Sonyお得意の圧縮音源をCD相当まで音質を高める DDSEE HXを始め各種音質向上設定があるので、それらをOn/Offして聴き比べしてみると、明らかにOnにした方が音質がよくなるのがわかりました。
 NW-XZ300でも、スマホで鳴らしたストリーミング系MusicをBluetoothで飛ばして、バランス接続で聴くことはできましたが、Bluetoothで飛ばすと音質劣化が発生すると思いますので、本体の中で完結してストリーミング系MusicをWalkmanの高音質機能で聴ける#NW-ZX500 は、ストリーミング系Musicでも音質に拘る人にとっては素晴らしい新Walkmanになっていると思います。
  あと地味に良い進化点として、端子がWalkmanの独自仕様からUSB-TypeCになったことです。
 汎用ケーブルが使えることになったので、何本もケーブルを持って歩く手間が省けるので、地味だけど大きな改善点と思います。

2019年11月8日金曜日

#iPadPro + #iPadOS は、#12.9 を机上に平面において使うとPCライクに使えて最高!!

iPadOS がリリースされたのを契機に、iPadPro でどの程度PC的に使えるようになったかを知るために、12.9インチのiPadProを入手してみました。
まず画面サイズが大きいので、縦使いであれば、ソフトウェアキーボードだけでも、使える画面領域が広いので、かなり文章が打ちやすいので、テキスト入力はかなりPC的に使えると思います。
 ただ、横使いの場合は、画面領域が狭くなるので、SmartcoverKeybord等と併用しないと使いづらい現状にあります。
 iPadOSは裏技を使えばマウス&ポインターも使えるようになりましたが、正直、まだまだという印象です。
 しかし、マウスを使うという前提を取り払い、ApplePencilでマウス操作でやりたいことをするという発想で使うと、非常に便利になります。
 更にMacではできない手書き入力もできるので、ApplePencilを如何に使いこなすかという観点で12.9インチを使うと、その広い画面と相まって場合によってはPC以上に使い勝手が良くなります。
 個人的なおすすめは、純正のKeybordではなく、汎用品のBluetooth Keyboardを使い、iPadを机上に平面におき、適宜、ApplePencilとBluetooth Keyboardを併用です。
 iPadを立ててPCのように使おうとするとすると、PCとの操作感の違いに違和感を感じると思いますが、Surfaceで出来るように画面・キーボード共に平面にして使うというのがiPadPro12.9をPCライクに使う正解の使用方法と思います。

2019年11月6日水曜日

#α6600 紅葉試し撮り

 α6600で紅葉をさつえいしてみました。
 センサーは非常に優秀で、ぱっと見フルサイズで撮影したと言ってもわからないレベルです。
 赤は色飽和しやすい難しい色ですが、このセンサーは上手く処理してくれています。
 ひと昔のフルサイズよりもα6600の方が画質が良いと思える素晴らしいAPS-Cミラーレスだと思います。

2019年11月5日火曜日

#α6600 4K動画ファースト・インプレッション!!

 予約注文していたα6600が11/1に到着したので、早速つかってみました。
静止画は多くの方がレポートすると思いますので、今回はあえて4K動画ファースト・インプレッションです。
α6400と同様に4K動画の画質は素晴らしいものがあります。
そして、密かに便利なのが4K動画からの静止画の切り出しです。
これを上手につかうと、飛びものの決定的な瞬間を写真にすることができます。
 動画的な最大の目玉は、やはり動画でも瞳AFが使えるようになったことです。
瞳AFは本当に優秀で、場合によっては野鳥でもロックオンしてくれます。
プロ写真家ではなく素人として写真を楽しむレベルであれば、十分すぎる性能がα6600にあります。
コスパを考えるとフルサイズよりAPS-Cの方がオススメです。
コンパクトでレンズもお安いですし。

2019年10月31日木曜日

#AirPodsPro と #BeatsPro どちらが良いか!?

 昨日#AirPodsPro が発売されましたが、機能的には #BeatsPro と似ている部分が多いので非常に迷います。
 #AirPodsPro は、カナル型になったので無印AirPodsよりは落ちにくいとは思いますが、イヤーフックがある #BeatsPro の方がよりしっかりと装着できるのは間違いないと思います。
 音質に関しては、ネットのレビューを見る限りでは、 #BeatsPro の方が良いようです。
  #BeatsPro の最大のデメリットとしては、ゴツいケースかと思います。
また耳への圧迫感は #BeatsPro の方が強いようです。
#AirPodsPro 売りの一つであるノイズキャンセリング機能も #BeatsPro にはありません。
ただ、Sony WF-1000XM3を使っている実感としては、ノイズキャンセリング機能は外部音が把握しづらく不便を感じる場合もあるので、この点は一長一短だと思います。
#AirPodsPro と #BeatsPro 、コンパクトでライトな使用感を重視するなら前者、しっかりとした装着感と音質を求めるなら後者という感じでしょうか。

2019年10月30日水曜日

#AirPods Pro キター!!

 噂されていたNew AirPodsが、 #AirPods Pro として発表されましたね。
個人的には、サイズ変更できるイヤーパッドがついたのは非常に嬉しいです。
これで、耳にしっかり嵌り落ちづらくなるのを期待します。
ノイズキャンセリング機能もついたとのことですが、SonyのWF-1000XM3とどちらが凄いか比較してみたいものです。
 あと耐汗防水性能もついたとのことで、この点はSonyを上回っていますね。
10/30の発売が楽しみですね

2019年10月23日水曜日

#iPadOS #iOS13 になって"ファイル"アプリを活用して #α7Ⅲ #α6400 で撮影した4K動画を転送しやすくなった!!

#iPadOS #iOS13 になって、「ファイル」アプリが凄く便利に使いやすくなっています。
個人的には、#α7Ⅲ #α6400 で撮影した4K動画で簡単に編集をすませたいものはiOS版iMovieを使い、複雑な編集をする場合はMacのFinalCutProを使っています。
ただ、iOSのiMovieで編集する場合、ファイルをMacからiPhone/iPadに転送するのが結構課題でしたが、iTunesの「ファイル共有」機能+「ファイル」アプリで劇的にやりやすくなりました。
4K動画ファイルはサイズが大きいので、そのまま残しておくとiPhone/iPadのストレージを圧迫するので、使用後は削除することが必須です。
 これまでは、MacのiTunesの「ファイル共有」機能でiOS版iMovieにファイル転送をした場合、動画編集後に転送した動画ファイルが「ファイル」アプリにも「写真」アプリにも表示されないため、使用済みファイルを削除することができず(多分、バグと思われます)、iMovieアプリそのものを一度削除し再インストールしなければ削除できませんでした。

 今回のiPadOS/iOS13のアップデートにより、「ファイル」アプリにiTunesから転送したファイルが表示されるようになったので、クリップの選択や削除ができるようになり、大変便利になりました。

以前は「iMovie」のファイルをタップしても何も表示されませんでしたが、今回のアップデートで下記のとおり各ファイルが表示されるようになりました。
 これで簡単な4K動画編集は、iOS上でサクッと編集しやすくなりました。

2019年10月17日木曜日

#Pixelbook Go が凄く気になる!! 〜 #made by Google 2019

 made by Google 2019 でGoogle純正のChromebookが発表されましたね。
価格も645$からと以前のモデルよりお求めやすくなってます。
 Grippableデザインというのも良いですね。
残念ながら日本での発売はないようなのでAmazon等から輸入するしか無さそうですが、凄く気になるモデルです。